関西住宅販売の住宅は涼しくて住みやすい


関西住宅販売の住宅は高いレベルのQ値とC値を持ちます。
聞き慣れない指標ですが、それぞれ「熱損失係数」と
「隙間相当面積」を意味します。
一言でいえば、夏は涼しく、冬は暖かい家になります。

夏が暑いのは、外気の熱を家の中に入れているからです。
冬が寒いのは、外気の冷気を家の中に入れているからです。
住みやすい家とは、それらを可能な限りさせないことです。
そして、関西住宅販売の住宅は高いレベルの断熱能力を持ち、
外との熱移動を可能な限り抑えています。

それを実現させているのが、
関西住宅販売が実施している数々の特別な工法です。
一つ目は、アクアフォーム断熱工法と呼ばれるもので、
特殊な泡を壁一面に吹き付けます。
極小の泡の粒がそのまま壁に固まり、これが熱移動を防ぐ効果を生みます。
結露を防ぐ効果もあり、耐久性を高める効果もあります。
ガラスにも一工夫しています。
二重のガラス層にしつつ、さらに特殊な膜をコーティングすることで、
通常のガラスよりも1.5倍もの断熱効果を保有しています。
さらに、サッシ部分にも断熱に優れている素材を使っています。
熱伝導率はアルミの1000分の1とも言われています。
壁の中には、遮熱シートを施工する徹底ぶりです。
このように、関西住宅販売は非常に高いレベルの
断熱能力を持つ家を建てているのです。

関西住宅販売は主に神戸を中心に家を建てており、
雪こそ積もりませんが、夏はとても暑いです。
住むなら、関西住宅販売の住宅のように
「夏は涼しい」方が良いですよね。